クレジット・金融・カードなどお金の話題を何でも取り上げます!

【福助】【銀行口座買取りセンターの口コミ評判】

福助に口座を売った人間も警察に逮捕

 銀行口座買取りセンターを名乗る福助は危険な闇金グループです。多重債務で切羽詰まって口座を売った人たちがこれまで何人も逮捕されているのでもう知らない方も少なくないはずですが、どれだけ借金で首が回らなくなって追い込まれたとしても、、自分の金融機関口座を口座買取業者だけでなく誰か第三者へ売ってしまうと、売却した側も警察当局に逮捕されています。使っていない口座を売却したのであれば「犯収法(犯罪収益の移転防止に関する法律)」違反となり、売却目的で新規に口座を作ってそれを売却したなら銀行に対する詐欺罪となり、いずれの場合も逮捕されています。


報道されてないだけで逮捕は当たり前

 自身の金融機関口座を第三者に売却すると、売った側は犯罪者として逮捕されて前科までつき、当然しばらくは警察のご厄介になるわけですから、はっきり言って何も良いことがありません。売ってもバレないと勘違いしている方がいるようですが、売ったら簡単にバレています。銀行勤めしていた人間からすると、なぜバレないだろうと思っているのか不思議でなりません。

 銀行内では、警察や税務署に裁判所などからの要請で口座を凍結したり入り払い明細を開示したりという手続きは、日常的に行われています。営業店レベルでもあります。皆さんがカウンターでお金を下ろしている後ろで淡々と行われています。特に近年は反社会的組織に対する取締りが厳しくなる一方なので、どんどん凍結させて、どんどん開示請求に応じています。日本国内で営業する金融機関は、疑わしい取引が確認された口座情報を速やかに金融庁に届け出る義務があるので、片っ端から届け出ています。この届け出がおろそかになってしまうと「どうしてこんな怪しい口座をすぐに見つけられなかったんですか」となって、今度は金融機関の側が金融庁から処分を受けてしまうので、「口座凍結されるとこの人はこれからの人生が大変だろうな」などと考えることなどなく、事務的に片っ端から届け出ています。元々はマネーロンダリング対策の意味合いが大きかったのですが、オレオレ詐欺などの特殊詐欺も大きな社会問題化しているので、暴力団などの反社会的組織への対応にも神経をとがらせています。

 「買取業者がホームページ上で安心・安全・アフターフォローもOKと謳っているからバレないだろう」などと甘く考えている方に是非覚えておいてもらいたいのですが、預金口座を買い取っている業者からすると、あなた方が売却している口座はすべてオレオレ詐欺やソフト闇金などの違法ビジネスで利用するためのただの「使い捨て口座」に過ぎません。怪しい入出金が繰り返されることは間違いなく、売却後はただひたすらに凍結や逮捕めがけてまっしぐらに進んで行く運命の口座なのです。そもそも、口座買取業者は一体なぜ口座を買い取る必要があると思いますか? 少し落ち着いて考えれば、まともな使われ方はされないと、すぐおわかりになるはずです。

 そこまで人生をリスクに放り込んで口座を売却するくらいなら、まだどこか審査に通りやすく借りられそうな消費者金融や街金、サラ金を探したほうが良いはずです。貸金業法の縛りがなく総量規制の対象外だった銀行カードローンは一時期、とても審査が甘くバンバン貸しまくっていました。年収の3分の1どころか年収以上に貸していました。とりわけ、みずほ銀行のカードローンなど「これって絶対借りれるカードローンだな」というくらいにめちゃくちゃ審査が甘く、金融庁に睨まれることになりましたが、あれを上手くつかみ取ることができた人は幸せだったのかもしれません。


口座買取で即日の正規優良店をお探しの方へ

 この福助は即日入金が可能な正規優良店などと自称していますが、そもそも口座買取業者に正規も非正規もありません。全部ヤミ金グループの口座屋、道具屋です。福助はみずほ銀行三井住友銀行JAバンク、そしてイオン銀行その他のネットバンキング口座やデビットカードまで買い取るとしていますが、いくら何でもこのような2万円や3万円程度のために警察に逮捕されるくらいなら、それぞれの金融機関が提供しているカードローンやフリーローンへ申し込んだほうが良くないですか。そんな犯罪に手を染めるくらいに切羽詰まっているなら、即日融資が受けられそうな銀行やサラ金へ片っ端から申し込んだほうがまだマシだです。5万円以下なんて審査も厳しくないでしょうし、意外とあっさり審査に通ってお金を借りられることも珍しくありません。



売却していない口座も凍結されます

 たとえばあなたがもし東京スター銀行のネットバンキング口座を売却したとすると、どうなると思いますか? あなたが東京スター銀行以外の金融機関で開設している他の口座もすべて凍結されることになります。銀行でも、信用金庫でも、信用組合でも変わりません。警察当局から見れば、反社会的な違法組織に口座を売却して違法活動に協力したあなたは、金融犯罪に手を染めた立派な違法組織のメンバーなのです。日本国内ではあなたの名義そのものがブラックリスト名義人として警察内で登録されるので、どの金融機関であってもあなた名義である限り、それらの口座はすべて凍結されて使えなくなります。警察から金融機関へお達しがありますので。運が良ければ5年から7年で凍結解除されますが、あくまで運が良ければです。



すでに福助に情報を握られている場合

すでに個人情報を含めて申し込みをしてしまった方、あるいは暗証番号にログインIDなどネットバンキングの口座情報を渡してしまったという方は、すぐに違法金融対応の専門家に無料相談してください。このまま放っておくと危険ですし、とても厄介なことになります。

 闇金への対応を専門にしている司法書士や弁護士は日本に何人か存在していますが、私の知る限りにおいて、現時点でもっともこの闇金グループに強いのは、

 

九段下総合法律事務所となります。この弁護士事務所は名ばかりのヤミ金対応ではなく、実際に毎月大量の闇金対応をこなしている、まさにヤミ金のエキスパートです。

 私の学生時代の同級生や先輩後輩諸氏には弁護士や司法書士になっている人間は少なくありませんが、誰もが違法金融への対応を得意としているわけではありません。皆それぞれに専門分野がありますので、たとえ花形の企業内弁護士とはいえども、すべての分野に通じているわけではありません。

 わざわざ八百屋に行ってマグロを売ってくれと言っても無駄なように、交通事故専門の法律家に畑違いの違法金融問題を依頼しても、お互い時間の無駄となってしまいます餅は餅屋、ヤミ金対応はヤミ金の専門家に依頼するに限ります

 
なぜ早めに相談したほうが良いのか

 たとえば、現時点ではまだ福助に申し込みをしたばかりなので、何のやり取りも発生していないから大丈夫のはずだと早合点されるかもしれませんが、この業者は口座売買のリスクも見抜けないほど多重債務で切羽詰まっているカモの情報をいつまでも手放しません。申し込みをキャンセルしようとするとお約束のようにキャンセル手続料を請求してきます。そしてキャンセル料の支払いを断ると、容赦なく周囲を巻き込んて嫌がらせを始めます。



 また、半年以上も経った頃にいきなり周囲を巻き込んだ嫌がらせが始まる事例まで報告されていますので、つまりは油断できません。

 たとえ今はまだ福助の被害に遭っていなくとも、個人情報を知られてしまったのならもう遅かれ早かれの問題と言えます。早めに無料相談しておくに越したことはありません。もちろん、もう被害に遭っているならなおのことです。

 違法金融に毎日対応しているこの九段下総合法律事務所のように、ヤミ金対応に精通した専門家から無料で的確なアドバイスをもらえる機会というのは、実はそれほど多くありません。無料相談をすると、現時点で取るべきベストな対処法をアドバイスしてくれます。当然、迷惑な嫌がらせ電話くらいならその日のうちにストップしてくれます。

 あなたの人生を狂わせている闇金問題は、実はエキスパートから見ると実に簡単に解決可能な問題だったりします。お気軽に無料で相談できるので、手遅れにならないよう、お早めの相談をお薦めいたします。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇金対応のエキスパートに無料相談

関連コンテンツ

Powered by