クレジット・金融・カードなどお金の話題を何でも取り上げます!

【株式会社JAP】【ヤミ金融の評判・口コミ】


 株式会社JAPというスマホサイトはヤミ金融の申し込みサイトなので決して騙されないようにしてください。

 絶対に申し込んではいけませんし、すでに申し込んでしまって個人情報を知られているという方、あるいはすでに株式会社JAPと困った状況になってしまっている方などは、すぐに闇金融の専門家に無料相談してください。今の状態で放置しておくと非常に危険です。

 私の知る限り、現時点でもっともヤミ金対応に強いのは、

ウイズユー司法書士事務所です。毎月大量のヤミ金事案をこなしているまさに闇金対応のエキスパートです。

 私の大学時代の同級生や先輩後輩には弁護士や司法書士になっている人間は何人もいますが、その誰もが闇金対応に秀でているわけでもなく、闇金を苦手としている人間も少なからずいます。それぞれに得意とする分野がありますので、たとえ花形の企業内弁護士とはいっても、すべてに精通しているわけではありません。

 八百屋に行って魚を求めても無駄なように、交通事故専門の法律家に畑違いの闇金問題を依頼してもお互いに時間の無駄となってしまいます餅は餅屋、闇金問題は闇金の専門家に依頼するに限るのです

 この事務所はヤミ金融対応に非常に強く、しかも、

女性専用の無料相談窓口をも設置してくれています。当然ですが、女性の方からの支持も厚いです。

なぜ相談する必要があるのか?

 たとえば、今の段階ではまだ株式会社JAPに申し込んだだけで何もやり取りしてないから大丈夫だと勘違いされるかもしれませんが、この業者はこの程度のサイトを見抜けないで申し込んで来てくれた切羽詰まったカモの個人情報をいつまでも手放しません。キャンセルしようとするとお約束のように物凄くしつこくキャンセル料を請求してきます。

 また、携帯ショップでスマートフォンやiPad、最近だとゲーム端末を何台も買わされる古典的な携帯電話買取詐欺(白ロム詐欺)は今でも被害が報告され続けていますし、半年以上も経って忘れた頃に周囲を巻き込む嫌がらせをしてくるヤミ金まで報告されていますので、つまりは油断できないのです。

 たとえ今は株式会社JAPの被害に遭っていなくとも、個人情報を知られてしまった時点でもう遅かれ早かれの問題です。早めに無料相談しておくに越したことはないのです。ましてや、すでにトラブルになっているのならなおさらのことです。

 毎日ヤミ金問題に対応しているこのウイズユー司法書士事務所のように、ヤミ金に熟知した専門家から無料で的確なアドバイスをいただける機会は実はほとんどありません。無料相談をすると、現時点で取るべきベストな対処法をアドバイスいただくことができます。当然、迷惑な取り立てくらいならその日のうちにストップしてくれます。

 あなたの人生を狂わせているヤミ金問題は、実はエキスパートから見ると簡単に解決可能な問題です。お気軽に相談できるので、手遅れにならないよう、お早めの相談をお薦めいたします。

  
審査の甘い消費者金融を装う違法業者


 この株式会社JAPのホームページを見ると、違法な表現のオンパレードとなっています。たとえば、「無職・生活保護・年金受給者の方もご相談に乗れます!」であるとか「他店で何度も融資を断られてしまっている」など、貸金業法で厳に禁じられている安易な借入を助長する表現そのものなので、これらの表現を見ただけでこれがヤミ金だとすぐわかります
 「審査が甘い」などとストレートに書くのは当然に違法として、上記のように遠回しにでも審査が甘いと匂わせること自体が厳禁となっています。正規業者は絶対にそのような違法表現はしません。審査が甘いという類の勧誘表現を見つけたなら危険ですのでもうそのサイトには近寄らないようにしてください。それが何よりの自衛策となります。

powered by



嘘っぱちの住所に登録番号


 この株式会社JAPのホームページに記載されてある住所は東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビルですが、ここに株式会社JAPという会社は存在しません。また、同じくホームページに記載されてある貸金業としての登録番号は東京都(1)第31906号ですが、現在このような登録番号は日本に存在しません。引っかからないようにしてください。
 ある程度の見栄えがあるホームページにこのような嘘の情報が紛れ込んでいるとつい信じてしまいそうですが、そこがヤミ金融株式会社JAPの狙い所なのでしょう。とにかくデザインを整えてデタラメの情報を並べ立てることに終始している闇金です。
 登録番号も住所も嘘なのですから、先ほどの審査が甘い消費者金融と見せかけている売り文句も当然、嘘です。このような違法な業者に住所や氏名、電話番号はおろか、口座番号など教えてはいけません。押し貸しの被害に遭ってからでは遅いのです。

さいごに

 この株式会社JAPは独自の簡単な審査など行っておらず、ブラックOkでもなければ破産者OKでもなく、当然に審査の甘い消費者金融でもありません。絶対に個人情報を渡さないようにご注意願います。

powered by



関連記事

コメント

    • あい
    • 2017年 4月 11日

    申し込みをしてしまって取り消したい場合どうしたら良いですか?

    • あい
    • 2017年 4月 11日

    住所や電話番号も書いてしまったのですがどうしたら、よいですか?

      • creditwalker
      • 2017年 4月 11日

       コメントありがとうございます、もうヤミ金側から連絡はあったのでしょうか。

       まず一度は明確に申し込みキャンセルの意思表示をしてください。

       キャンセルが出来たはずなのに勧誘が来る、あるいはキャンセルそのものが出来なかった場合には、派出所ではなく最寄り警察署の生活安全課(経済事犯担当部署)に足を運んでください。

       その際、ヤミ金の相談ではなく、ヤミ金被害の届け出に来たと伝えれば話がスムーズに進みます。

       申し込んでしまった日時、キャンセルを伝えた日時、そして相手から連絡が来た日時や電話番号等が細かく聞かれますので、メモにでも書いて持って行ったほうが良いでしょう。

       まだお金のやり取りが発生してない場合でも、警告という形でヤミ金側へ電話をしてくれます。これは警察内部のマニュアルで定められています。

       一般的なニュースにはなっていないですが、今でも三日に一件のペースでヤミ金が摘発され続けていることをヤミ金側も知っています。お金のやり取りも発生していない申し込みキャンセルで深追いしてくることなどないだろうとは思います。まずはキャンセルの意思表示をし、それでも連絡があったら上記の通り、警察へ足を運ばれるよう、よろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇金対応のエキスパートに無料相談

関連コンテンツ

Powered by