クレジット・金融・カードなどお金の話題を何でも取り上げます!

【0359314345】エージェントサポートはヤミ金です【03-5931-4345】

ワンパターンなワン切り闇金

 ワン切りしてくる電話番号「0359314345(03-5931-4345)」はいつもの詐欺ヤミ金「エージェントサポート」です。無差別にワン切りしてお金に切羽詰まったカモを詐欺へと呼び込んでいるだけですので、絶対にかけ直さないように気をつけてください。

去年は逮捕者も出ている詐欺手法

 実はこのエージェントサポートとまったく同じ手口で大量ワン切りを仕掛けていた詐欺グループが、去年10月に逮捕されています。

逮捕されたのは東京都江東区豊洲2-5-1、株式会社リアライズの役員、北嶋幹朗容疑者(38)をはじめ能上勲容疑者(45)、関口遼容疑者(33)、小柴勝久容疑者(39)ら男女あわせて12人です。警視庁の調べによりますと、ことし3月、沖縄県の60代の男性に「最新のiPhoneなどを購入すれば高額で買い取る」などとうその話を持ちかけ、37万円相当を購入させた上郵送させ、だまし取ったとして詐欺などの疑いが持たれています。わずかな時間だけ携帯電話の呼び出し音を鳴らす、「ワン切り」の電話を大量にかけ折り返して来た人に、自動音声で「お金に困っていませんか。融資を希望する人は1を押して下さい」などと流していました。応じた相手にうその買い取り話をもちかけ、スマートフォンなどをだまし取っていたということです。警視庁によりますと、調べに対して北嶋容疑者は黙秘しているということです。同様の手口による被害はことし5月から今月までのおよそ半年間で、全国で1億2000万円相当に上っていて、警視庁は注意を呼びかけています。

 詐欺にいたる流れとして、まずは無差別に大規模なワン切りからツー切り攻撃をして幅広く着信履歴を残し、そこからコールバックをさせて自動アナウンスで多重債務者を選別しています。こんなワン切りは普通だったら飛びつかないですが、資金繰りに困っていると判断が間違ってしまうのでしょう。そういう急な資金難で正常な判断ができない人たちを釣りあげているわけです。

 今どきこれだけ無差別かつ大規模なワン切りをしている時点で、「私たちは反社会的勢力です、まともな組織ではありません」と宣言しているも同然と言えます。

 ぜひ覚えておいていただきたいのですが、新型コロナでどこもかしこも不景気の様相を呈してきていますが、今どき1社や2社くらい消費者金融でローンを断られてしまったからといって、もう駄目だとあきらめてしまうのは早いです。まだまだ借りられる正規の融資業者はたくさんあります。たとえ年齢が高いからといっても、年金受給者でも借りられる貸金業者すらあります。大切なことは、とにかくこのような詐欺業者には手を出さないことです。

コールバックするとオペレーターへとつながる

 コールバックして興味がない場合はそのまま電話をお切りくださいとなりますが、この自動応答メッセージを聞いて2番の「お金が必要」という意思表示をすると、オペレーターに繋がります。去年逮捕されたグループの場合、オペレーターは会員登録とやらを薦めてきました。個人情報を根こそぎ聞き取って会員登録となり、そこからあらゆる詐欺が始まります。

 銀行のキャッシュカードや通帳、つまりは口座を暗証番号ごと騙し取られる「特殊詐欺」、携帯電話やタブレット端末を一気に何台も分割契約させられて騙し取られる「携帯電話買取詐欺(白ロム詐欺)」、審査に通過したと言いつつ「着手金」「手付け金」などと何らかの名目で先払いさせて結局はトンズラされる「融資保証金詐欺」、口座レンタルアルバイトという名目で口座を買い取ろうとする「口座売買」など、すべてがトラブルにしかなりません。

 特に、「口座レンタルアルバイト」という名の口座売買には絶対に手を出さないようにしてください。たとえ社会的に弱者とされる多重債務者であっても、逮捕されています。売却であれ譲渡であれ、自分の銀行口座を勝手に第三者に渡してしまうと、逮捕されます。いちいち報道されていないだけで、逮捕されています。以前から保有している口座を売却したなら犯収法違反、売却目的で口座を新しく開設したなら銀行に対する詐欺罪となり、逮捕されます。口座売買は警察や金融機関を完全に敵に回す行為です。一般的に考えられているよりはるかに重罪となりますので、絶対に手を出さないように気をつけてください。

まともな融資業者からお金を借りましょう

 現在、消費者金融を利用している日本人は約1,100万人もいます。成人の9人に1人は手を出していることになります。この1000万人以上の人たちの誰もが皆一社目の審査で一発で通ってお金を借りられているわけではありません

 たとえばモビットの審査に落ちたからじゃあ次は三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」に申し込むかと申し込んで審査に通った方もいるでしょうし、それでも落ちて今度はベルーナノーティスに申し込んで3社目でようやく審査に通ったという方だっています。

 あるいは、オリックスクレジットのオリックスVIPローンカードへ何となく申し込んだけど専業主婦はNGだなんて知らなかった、じゃあ専業主婦でもOKのみずほ銀行カードローンへ、なんて流れもあることでしょう。

 ともかく、今どき1回や2回くらい審査に落ちていようが少々の延滞や事故歴があろうが、正規の登録貸金業者で借りられているのです。

 コロナ騒動に乗じて異常なワン切りを仕掛けてくる業者に対し、「怪しすぎる業者だけど、まあいいか、とりあえず申し込むだけ申し込んでみよう」などと思考停止すると、お金も手に入らないのにで詐欺のターゲットになるだけです。まさに人生の無駄遣いといえましょう。とにかく正規の登録貸金業者で借りるようにしてください、借りられるところなんてまだまだたくさんあります。


0359314345へコールバックしないように

 このエージェントサポート対策としては、何よりも電話をかけ直さないことが大切です。着信があったこと自体を気にする必要はありません。個人情報が洩れているわけではありません。

 会社から支給されている法人契約の携帯電話にもワン切りされていますし、子供に持たせているキッズケータイにまで着信が残っています。これは間違いなく、無差別で機械的な大量架電です。とにかく無視してコールバックしなければ良いのです。



本当にお金を借りたいなら、大手のアコム・プロミス・モビットなどより町金・サラ金へ

 本当にお金がご入り用であるなら、金融庁に正規登録されてある本物の貸金業者を頼るようにしてください。といって、業界大手のアコム・モビット・アイフル・プロミス・レイクなどは無慈悲な自動審査ですので、ブラックリスト入りしているような多重債務者の方が審査に通るのは難しいかもしれません。

 しかし、対面審査の街金ならまだ話を聞いてくれる可能性が高いです。自動審査をしていない中小・零細の街金融を選べば、まだ融資を受けられる可能性があります。たとえば、消費者金融のエイワは話をしっかり聞いてくれる会社としてとても有名ですし、やくざコスプレした店長から説教されることに抵抗がなければ、融資を頼れる非常に有力な選択肢と言えます。


銀行のカードローンは総量規制の対象外でとても借りやすい

 あるいは、銀行のカードローンであれば、他社からどれだけ借入があっても関係ありません。総量規制の対象外ですから。そもそも、『三菱UFJ銀行バンクイックは審査が甘い』の記事でも説明しましたように、銀行のカードローンは審査が甘くなりがちです。

 『みずほ銀行のカードローン』にいたっては、金融庁が銀行カードローンの貸し過ぎを問題視した後でも平然と総量規制を越えて貸しまくっていました。さらにその上を行くように、無職の人間に対して収入証明書の確認すらせず審査を通していきなり500万円も融資してしまったネット専業銀行までいます。

 銀行カードローンは狙い目と言えます。楽天銀行カードローンはかつての楽天クレジット「マイワン」時代から審査が甘くて有名でしたし、セブン銀行カードローンも在籍確認がなく評判が良いです。今だとイオン銀行カードローンが集客に力を入れまくっているので、非常に借りやすいことでしょう。

もしも0359314345とトラブルになってしまった場合

 以上の通り、興味本位で0359314345へかけ直したくらいなら、心配無用です。しかし、お金に困っているとして2番を選択し、オペレーターに個人情報を根掘り葉掘り聞かれた方は、注意が必要です。

 お金をに切羽詰まっているとの意思表示は詐欺業者サイドに間違いなく伝わっています。たとえまだ連絡はやってきていなくとも、それは時間の問題でしょう。また、もしもうこのエージェントサポートの被害に遭っているのであれば、すぐにヤミ金や詐欺に強い専門家に無料相談してください。このまま放っておくのは非常に危険です。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇金対応のエキスパートに無料相談

関連コンテンツ

Powered by